バージョンアップ: POPFile 0.22.4

POPFileは0.22.2を使っていたが、0.22.4にバージョンアップ。

目的は…

spamのメールヘッダの改行コードの問題でPOPFileのつけるへッダが無効になってしまう、という事態が頻繁に起るようになってきた。

> From: hitodumaskj@yahoo.co.jp
> Date: Sat, 24 Feb 2007 02:57:08 +0900X-Text-Classification: spam
> X-POPFile-Link: http://www:7070/jump_to_message?view=42008

そこで、最新バージョンでは対応がされているかもしれないとの期待の元に、バージョンアップすることにした。

それ以外にも、

0.22.4
insert.pl が日本語メールに対応

0.22.3
Base64 でエンコードされた日本語メールへの対応
Kakasi のパフォーマンス向上

などの、改良点もあるので、パフォーマンスアップも期待できる。

すでに、「Computer: testingやunstableを使えるようにする」で設定してあるので、以下のコマンドラインだけでアップグレード完了。

# aptitude install popfile/testing

このブログ記事について

このページは、norが2007年3月10日 05:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「testingやunstableを使えるようにする」です。

次のブログ記事は「VMWareの仮想マシンに対するウイルスバスターの設定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6