2007年8月アーカイブ

FreeのアンチウィルスソフトAVG Anti-Virusの日本語版。

AVG Anti-Virusは以前から英語版をたびたび使用していたが、今回日本語版がリリースされたので改めてWoodyに導入することにした。

AVG - Vista対応セキュリティソフト 日本語版 - Home

インストール: GExplorer 2.1.1.12

Gyaoの仕様変更により2.1.1.11ではデータが取得できなくなった。
そのため2.1.1.12にバージョンアップした。

Welcome to Kokuchin's World

Internet Explorerのリンク切れや重複を見つけて削除するソフト。

単機能で、派手なデコレーションもないが、必要にして十分。

特にインストール作業も必要なく、コピーするだけ。またレジストリなども使用しないため、不要になったら削除も簡単。

07081801.jpg

LM78mon Ver.2.15

mirageがたまに落ちるようになった。
まだ、特定のソフトウェアが原因かわからないが、夏だということでまず、熱暴走を疑ってみる。
そこで、熱監視ソフトを入れることにした。いくつか候補があったが、今回選んだのはLM78mon。

ただし、監視ソフトの多くではGIVEIO.SYSというアプリケーションレベルからIOポートを制御するドライバが必要になっていて、このソフトウェアも例外ではない。

まず、GIVEIO.SYSのインストールからはじめる。

GIVEIO.SYS自体はサービスとして起動するソフトでインストールが面倒なので、GUVEIO.SYSをインストールするための、INSTDRVを使うのが楽な方法だ。

まず、INSTDRVを以下のURLから入手して、展開。
Software Library.

つぎに、GIVEIO.SYSを以下のURLから入手する。
ftp://ftp.nsk.su/.3/magazins/ddj/1996/1996.05/directio.zip

direcotio.zipを展開すると「書庫が壊れている」というエラーが出るが、GIVEIO.SYS自体は取り出すことができるので、それを使う。場所は\GIVEIO\I386\FREE\GIVEIO.SYS。

このGIVEIO.SYSをINSTDRVと同じディレクトリにコピーしてINSTDRVを実行する。
このとき、恒久的にGIVEIO.SYSを使いたいのならば、Program Filesなどにおいた方がいいだろう。

GIVEIO.SYSをインストールしたら、LM78monもインストールする。
取得先はINSTDRVと同じだ。
Software Library.

しばらく、ログをとりながら監視を行ってみたが、どうやら熱暴走の線はなさそうなので、今回は、LM78mon、GIVEIO.SYS共にアンインストールした。

アンインストールは、LM78monは付属のDELREG.EXEを実行するだけ、GIVEIO.SYSはINSTDRV.EXEでアンインストールできる。

logrotate

starletのlogrotateの設定をしていなかったため、logが肥大化していた。

/var/lib/logrotate.statusの日付がインストール状態で1990-1-1になっているため、ローテーションがうまく動作しない。
そのため、日付を昨日あたりの日付に書き換える。

#vi /var/lib/logrotate.status

logrotate state -- version 2
"/var/log/messages" 2007-8-8
"/var/log/secure" 2007-8-8

その後、一度、ローテートを行う。

# /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.conf

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6