CentOSのリポジトリを増やす

まずは、リポジトリをもっとも早いミラーに設定する。

# yum install yum-fastestmirror

そして、CentOSPlusを有効にする。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

[centosplus]

- enabled=0
+ enabled=1

さらに、いくつかのリポジトリを追加しよう。
まずは、RedHatのサポートするEPELだ。

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-2.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-5-2.noarch.rpm

これで、リポジトリの追加は完了する。

[root@tower ~]# ls /etc/yum.repos.d/
CentOS-Base.repo CentOS-Media.repo epel-testing.repo epel.repo

epel-testing.repo、epel.repoの2ファイルが追加されている。

epel-testing.repoの中はすべてenabled=0であるのを確認。
epel-testing.repoの中は[epel]はenabled=1、[epel-debuginfo]、[epel-source]は0。

この設定で問題ないだろう。

# yum update

で、リストを入手する。

ついでなので、他にもいくつか気になるリポジトリを追加。

# vi /etc/yum.repos.d/third.repo

[dag]
name=Dag RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
http://apt.sw.be/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt

[dries]
name=Extra Fedora rpms dries - $releasever - $basearch
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/dries/redhat/el$releasever/en/$basearch/dries/RPMS
http://ftp.freshrpms.net/pub/dag/dries/redhat/el$releasever/en/$basearch/dries/RPMS
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://dries.studentenweb.org/rpm/RPM-GPG-KEY.dries.txt

[flash]
name=macromedia.mplug.org - Flash Plugin
baseurl=http://macromedia.mplug.org/rpm
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://macromedia.mplug.org/FEDORA-GPG-KEY

[atrpms]
name=Redhat Enterprise Linux $releasever - $basearch - ATrpms
baseurl=http://dl.atrpms.net/el$releasever-$basearch/atrpms/stable
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms

そして、GPGキーを追加する。
# rpm --import http://ftp.riken.jp/Linux/dag/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm --import http://dries.studentenweb.org/rpm/RPM-GPG-KEY.dries.txt
# rpm --import http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
# rpm --import rpm --import http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
# rpm --import http://macromedia.mplug.org/FEDORA-GPG-KEY

RPMForgeのリポジトリはrpmで追加できるようなので、その手法でいく。

# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

ただし、RPMForgeのリポジトリも、デフォルトがenable=1なので、0に修正。

とりあえずはこんなところで、以下に今回追加したリポジトリをまとめておく。

enable=1
base CentOS 5.0のベース
updates CentOS 5.0のアップデート
addons CentOS 5.0のアドオン
extras CentOS 5.0の追加パッケージ(addonsとの切り分けが今ひとつ不明)
centosplus CentOS 5.0の拡張パッケージ(デフォルトではOff)
epel Extra Packages for Enterprise Linux(EPEL) FedoraExtraなどでは提供されているものがある
dag Dag、Red Hat Enterprise Linux向け。パッケージの種類は豊富

enable=0
rpmforge RPMforge Dag's repository, FreshRPMS, Dries, PlanetCCRMAなどを統合したもの。
dries Dries RPM Repository。RHEL、Fedora向け
flash Macromediaの Flash Plugin
atrpms ATrpms RHEL向けのマルチメディア系とプログラミング系など

このブログ記事について

このページは、YAMAGISHI Norimasaが2008年2月14日 15:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インストール: MySQL 5.0.22」です。

次のブログ記事は「インストール: POPFIle 1.0.0(失敗)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9