POPFileをIMAPで動作させたときの負荷

POPFileをIMAPで動作させている場合、振り分け対象のフォルダにメールが大量に貯まっていると、負荷が大きくなる。
そのため、振り分け対象のフォルダ内のメール件数はできるだけ少なめに常に整理するようにしたほうがよい。

これはPOPFileのIMAPモードが、該当フォルダをスキャンして、振り分けの再設定を行うため。

これに気づかずに、POPFileの負荷を非常に高くしてしまい、ほとんど動かなくしてハマッタ。

このブログ記事について

このページは、norが2008年4月19日 04:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「役に立ちそうなbookmarklet」です。

次のブログ記事は「mailman: mm_cfgの変更の適用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6