poseidonまたもや起動せず、Windows 2000から再インストール

ふたたび、poseidonが起動しなくなった。
リムーバブルケースの入れ替えに伴い、BIOSのHDDに関する設定を書き換えるのがいけないのかWindows 2000のCDから起動して修復しようとすると、「パーティションテーブルが壊れている」といわれる。
まあ、大事なものは入っていないので、フォーマットしてまたもや再インストール。

過去にインストールした記録が残っているので、そのまま(不要な部分を抜いて)繰り返すだけなのだが、やはりディスクが遅い。

そして、相変わらず、driver.cabがコピーできない現象が起きる。

メモリの不良も疑ってみるが、Ultimate BOOT diskでMemtest-86にかけてみても問題なし。
そして、リブートでついにS.M.A.R.Tによるエラーが発生。
DTLA-305030をあきらめて廃棄することにする。

いままで、Fドライブとして使っていたやはりDTLA-305030をWindows 2000のブートドライブとすることにした。

まずは、Windows2000をインストールして、Service Pack4、IE6などのパッチ類を全部あてる。

そして、ntpクライアントの設定

最初に、DVDを使えるようにLF-D102のドライバをインストール。

そして、SoundBlaster Liveのドライバ
LiveDrvUni-Pack(ENG).exe Sound Blaster Live! - LiveDrvUni-Pack (English)
Recorder_2_00_34_(ENG).exe Sound Blaster Live! - Creative Recorder (English)

WinCDR 6.5 スタンダードエディション
これは、CRW-24FBに付属のもの。

次に、Avast!

そして、QMP。リッピング用だ。
日本語化とLAME.dllの追加もあわせて行う。
文字化け解消対策も。

さらにリッピングファイル名の設定も
ファイル名: ?ARTTRK?<%ARTTRK%_>?TRKNUM?<%TRKNUM%_>?TITLE?<%TITLE%|%FILE%>
パス名: ?ARTALB?<%ARTALB%|unknown artist>\?ALBUM?<%ALBUM%|unknown album>

さらに、Winamp。これはリップしたデータの再生とタグ確認用。
5.53が出ていたが、日本語化キットが5.52用しかなかったので、5.53のURLを5.52に変更してダウンロード(バージョンが違うと日本語化キットのインストールはうまく行かない)。インストール。
winamp552_full_emusic-7plus_all.exe
Winamp Media Player - MP3, Multimedia, and Music Player

当然、日本語化キットとtmsVU。
Winamp Media Player - MP3, Multimedia, and Music Player
wp5520jkit_r1.exe
Win32工作小屋

tmsVUは0.46iで以前ダウンロードしたものと同じもの。

最後にThunderbird。2.00.12。

ああ、でも泣ける。
何も考えなくてもいいとは言え、面倒だ。

まあ、実際に運用してみて、使うソフトウェアもかなり絞れてきたから、整理できたということでよしとするか。

最後に次回以降のために(あって欲しくないが)、WinCDRでドライブバックアップ(内部的にはNorton Ghost)でバックアップを作成した。
ただし、このGhost、すべてのリムーバブルメディアにメディアが入っていないと、「ドライブにディスクがありません」というエラーメッセージを出す。
おそらく無視して強制執行しても大丈夫だとは思うが、メーカーのFAQには「ドライブを外すか、メディアを入れろ」とあったので、念のためすべてのメディアを入れて実行した。

しかし、作成したCD-Rをテストしてみると、エラー発生...
まあ、いいか。とりあえずは。

このブログ記事について

このページは、norが2008年4月 5日 09:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「購入: CD、DVD用ファイル ELECOM CCD-F120CR」です。

次のブログ記事は「インストール: Sound Blaster Live Driver」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6