720x480から640x480へのリサイズ

720x480のDVやDVDのピクセル比は通常0.9(10:11)のため、正確にアスペクト比を維持するには704x480をリサイズする(両脇の8ピクセルずつを削る)必要がある。

そうしないと、4:3というアスペクト比が狂う。

640x480(1:1)の表示縦横比は、640:480すなわち4:3(1.3333...)。
ところが、720x480(10:11)の表示縦横比は7200:5280すなわち1.363636...で、そのまま640x480(1:1)にリサイズすると微妙に横が縮まり縦長になってしまう。
704x480(10:11)の表示縦横比7040:5280=4:3であれば640x480(1:1)にリサイズしても正しいアスペクト比が維持できる。

ピクセル比1.2(40:33)のワイドスクリーンの場合は、数ピクセル削っただけで640x480にするのは不可能なので、レターサイズにリサイズすることになる。
表示縦横比は28800:15840。この場合は横640を優先して縦は640×(15840÷28000)=352にする。縦480にしたいのであれば残りの上下それぞれ64px(計128px)に黒べたを配置する。

このブログ記事について

このページは、YAMAGISHI Norimasaが2008年6月18日 14:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いまさら、Zaurusのネットワーク経由でのシンクロナイズ」です。

次のブログ記事は「DVからのビデオ読み込み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9