2008年12月アーカイブ

インストール: 筆まめ14

いまさらだが、年賀状を作らなくてはならないので、いつも使っている筆まめ14をインストールした。

以前、無料でもらったから使い続けているけれど、正直多機能すぎる。
定価5980円。なんだかね...

まあ、宛名書きと、デザインのみで、機能の1/20も使っていないだろうな。
デザイン自体は別に筆まめを使う必要はまったく無いので、宛名書きに大きな問題が出ない限りは、ずっと使い続けることだろう。

インストール: AudioEncoder 2.02

携帯電話SO706iを買ったのだが、再生可能フォーマットはWMAのみ。
そこでMP3からWMAに変換するために、導入。

最終バージョンは、2.04dだが、WMP10以降をインストールしていると正常動作しないらしいので、2.02をインストール。

AudioEncoder 2.0

loplass 再インストール

前回の再インストールの後しばらく使用して、運用方針も固まったので、再びクリーンインストールを行う。

用途はあくまでもメディアプレイヤー件バックアップストレージから変更はない。

Windows XPの初期バージョンをインストール。

IEEE-1394ボードが入っており、ドライバ組み込みまではオンボードネットワークを認識しないため、ネットワークの設定はとりあえず標準設定にする。

インストール完了後、まずはM/B用のCDからドライバをインストールする。All-in-Oneとサウンド両方。
その後、ネットワーク設定。
その後、Windows Updateを当てていく。
Windows Updateハードウェアの更新で、NVIDIA Videoの更新をするとかなりビデオ表示が高速になる。
IE7は入れない。これは、IE6の確認用という意味も含む。
ファイル共有のために、即、メインアカウントにパスワードを設定。

ウイルス対策は、AVG Free(8.0 ビルド175)を使う。
avg_free_stf_as_8_175a1382.exe

GetASFStream Ver2.2.0.6d3
http://tetora.orz.ne.jp/forum/gasdown/download.cgi
getasfstream2206d3.exe

GExplorerには.NET Framework 2.0以上が必要なのでインストール。
GExplorer 2.1.2.1
GExplorer 2.1.2.1.zip

Thunderbird、Firefox(とfoxmarks)もインストール。

メディアプレイヤーは、(縦横比を変えずに)自由な縮尺で使用することができ、必要最低限の機能はすべてそろっていると言うことで、VLC Media Playerを使用することにする。
関連付けは設定しない方が無難。
日本語が文字化けするなどの問題は、FAQを参照。
初心者によるMonsterTV HDUSとLDT-FS100Uのまとめ - VLCの設定法

WinAmp+日本語化
秀丸
mixi station 2.2.16

ActivePerl
yvplayなどのPerlスクリプトも追加

DVD-RAMの付属ソフトウェア。
Computer - インストール: DVDmultiドライブ関連参照。

iTunes

インストール: Macromedia Flash 8

ひさびさにFlashを作ってみたくなりインストール。
バージョンは古いが、仕事でも無し、まあ気にしない。

廃棄: Matrox MGA-G200 8M

DirectXには対応しているが、基本的に2Dカード。

08121802.jpg

バルクで購入。
まあ、3D自体ほとんど必要としていなかったし、MillenniumIIからのMatrox信者だったこともあり、購入。

XFree86で対応がよく、ほとんどXを動作させるマシンで使用した。
8Mというメモリはやはり少なく、色数もフルカラーが出なかったが、そもそもXで行う作業は色も必要とはしなかったので問題なし。

しかし、今となってはさすがに8Mというビデオメモリはあんまりだ。
AGPカードのスペアはG400もあるし、廃棄することにする。

といっても、Poseidonで使っているRivaTNTは16Mだが...

廃棄: Promise Ultra66

PCI接続のATA66カード。

08121801.jpg

バルクで購入。
ちょっとした改造で、同社のATA-RAIDカードFastTrak66と同等になるということで、自作マニアの間ではかなり話題になったカードだ。
かく言う僕も、やはりATA-RAIDとして使用するために購入。

ちょうどこのころはビデオ編集に凝っていた時期でもあり、手軽に高速大容量を手にすることができるこのカードはとても魅力的だったのだ。
が、今となっては、この時代のHDDをいくつも使うよりは、新しいHDDを使用するほうが容量も消費電力もよい。

そもそも、もはやATA66のハードディスクなどほとんど残っていない...

捨てましょう...

loplassでyvplayを使うためにPerlをインストール。

あまり考えず最新版にした。

ActiveState - - Dynamic Tools for Dynamic Languages

ActivePerl-5.10.0.1004-MSWin32-x86-287188.msi

woodyディスクのサルベージ

しばらく前にシステムクラッシュしたwoodyのHDDを抜いて、HDDカートリッジに仕込む。
すべて、rodemにサルベージ。
若干iTunesデータなどが破損していたものの、ほぼサルベージできた。

Microsoft Office 2007形式のデータをもらったので、インストールすることに。

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック

そろそろ、Office 2007を入れる時期なのだろうか...

インストール: 秀丸 6.14

さすがにテキストエディタなしというわけにもいかないので、秀丸をインストール。

hm614_signed.exe

秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸エディタ

さらに、古いファイルからキー割り当てと、設定を読み込む。

インストール: Xming 6.9.0.31

Xming - PC X Server

Xming 6.9.0.31
Xming-6-9-0-31-setup.exe

Xming-fonts 7.3.0.22
Xming-fonts-7-3-0-22-setup

あとは、XLaunchでtowerのxtermが立ち上がるような、Configを作成する。

インストール: POPfile 1.1.0

さて、しばらくバージョンアップも放置してあったPOPFileだが、1.1.0になって、不正なSubjectヘッダによる振り分け不良の問題の解決が期待できそうなので、バージョンアップを試みることにする。

POPFile now handles quoted-printable encoded text in multiple lines correctly.

If a message without a SUBJECT line is received POPFile no longer inserts an
empty SUBJECT line.

Fixed the bug that sometimes resulted in POPFile concatenating headers into a
single line instead of appending them.

また、popofile.cfgの保存されない問題も、うまくすれば解決されているかもしれない。


The configuration file (popfile.cfg) is saved more safely.

ただし、POPFileをIMAPかつユーザ権限で動かすようにしているので、そのままインストールではうまくいかないかもしれない。

とりあえず、1.1.0をダウンロード。

そして、動作しているPOPFileを停止して、POPFileディレクトリのバックアップを取る。
対象となるディレクトリは、

  • /usr/share/popfile/
  • ~/.popfile(本来であれば/var/lib/popfile)

必要なPerlモジュールが増えていないことを確認して、(バージョン番号までのチェックは無し)、必要なファイルをコピーする。
ただし、ダウンロードしたCross-platform Version、改行コードがCRLFになっているので、WinSCPを使って、テキストモードでコピーし、トップディレクトリのgif、pngファイルだけ、バイナリコピーで上書きする。
なお、いちいち手作業でコピーするのは、間違いのもとなので、以下のスクリプトを書き、一気に行った。

#!/bin/sh

USP=/usr/share/popfile/

cp *.gif *.pl *.png *.ico ${USP}
cp stopwords ${USP}
cp license ${USP}
cp v*.change* ${USP}
# chmod +x ${USP}*.pl
cp -Rf Classifier ${USP}
cp -Rf POPFile ${USP}
cp -Rf Proxy ${USP}
cp -Rf UI ${USP}
cp -Rf languages ${USP}
cp -Rf skins ${USP}
cp -Rf Services ${USP}

以上の作業で、とりあえず、1.1.0の起動を確認。

そして、SQLiteのバージョンを3に上げる、
で動作している、cfgファイルの保存が確実になっているはず、など細かい調整は徐々に行うことにする。

次に、cfgファイルの保存が確実になっていることを期待しての、POPFile起動スクリプトの修正。
下記のバックアップされているcfgファイルの復元部分を削って、テストしてみたところ、正常に保存される(内容を変更して更新した時に保存される)ようなので、修正されたスクリプトで運用することにする。

#	cp popfile.cfg.bak popfile.cfg

次は、SQLite 3(DBD::SQLite 1.x)を使用するテスト。
yumで調べると、SQLite 1.0以降をインストール可能なのでインストール。

# yum install perl-DBD-SQLite

ドキュメントによれば、SQLite 1.0以降がインストールされていれば、POPFileは起動時に自動的に、SQLiteのデータベースを2から3用に変換してくれるとのこと。

ためしに再起動してみる。
変換した場合、データフォルダ内に「popfile.db-sqlite2」という名前でデータベースのバックアップを取るということなので、それが作成されるのを確認した。
また、cfgファイルの内容も、bayes_dbconnectの値がdbi:SQLite:dbname=$dbnameになっている。

このときデータベースが大きな場合は、変換に数十分かかる場合もあるということなので気長に待つこと。

ついでに、~/.popfile内の不要に見える、古いファイルを削除した。

このバージョンアップの結果、今まではとなっていたメールの分類が今までおかしかったのが、正常に分類されるようになった。

ついでに、いままで、POPFileのWebUIのポートがiptablesでブロックされていたのを修正。
別のコンピュータからでも操作できるようにした。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6