インストール: Inno Setup 5.3.5

Visual Studio Installer 1.1の使用は却下となったので、Install Shieldの使用も考えたが、オープンソースでフリーのインストーラInno Setupを試してみることにする。

Inno Setup

単独のインストーラも用意されているが、ユーティリティなども同梱されているQuickStart Packをインストールすることにした。

ispack-5.3.5.exe

さらに、Inno Setup Translationsから日本語ランゲージファイルJapanese-5-5.1.11.islを取得。Japanese.islに変更して、Languages ディレクトリにコピーする。

ISTOOL5.3.0用の日本語化パックをDonut RAPT - Inno Setupから入手して、ISTool.exe と同じフォルダにistool-ja.lngを置き、[File]-[Preferences]-[Language File]でistool-ja.lng を指定してISToolを再起動。
istool-ja-530-20091027.zip

これで、インストールは完了。

Inno Setup Compilerを実行すると、Inno Setupの内蔵エディタが立ち上がる。
ただ、内蔵エディタよりもISToolの方が使い勝手は良いので、Inno Setup Compiler自体は、テンプレートやWizardを使用するときくらいしか使うことはほぼ無いだろう。

このブログ記事について

このページは、norが2009年11月12日 12:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Visual Studio Installer 1.1の試行錯誤」です。

次のブログ記事は「Inno SetupをVisualBasic6プロジェクトに対して使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6