2010年6月アーカイブ

Spec: rodem

FaithSeed Slim IW634 QD-B(FZ1645)

  • CPU: Intel Core 2 Duo E7200 (2.53GHz/FSB1066MHz/L2 3MB)
  • M/B: ASUS P5KPL-AM EPU (Intel G32 MicroATX 6chサウンド, 10/100M LAN, USB2.0, S-ATA, VGA
  • Memory: PC6400 DDR2 2GB 800MHz JEDEC準拠 (1GBx2、空きスロットなし)
  • HDD(Internal): Hitachi HDS721050CLA362 500GB
  • HDD(External USB): I-O DATA HDCS-U 1GB
  • DVD: GH20NS10 DVDスーパーマルチ ±R20x/±R DL12x/±RW6x/RAM12x
  • CardReader: マルチカードリーダ (xD/MS/MSPro/MSDuo/SD/Mini-SD/MMC/RSMMC/CF/SM)
  • Ethernet: Atheros 10/100Base GigabitLAN オンボード
  • Mouse: Logicool MX518
  • Keyboard: NEC 109 USB
  • Seed Micro-ATXスリムケース 300W電源搭載

08090601.jpg

loplassのセットアップ

まず、テスト用のVista領域を30Mほど残して、ハードディスクをフォーマット。

常用しているXP SP2適用済みディスクでインストール。

インストール後、大量に不明なデバイスが現れるが、これらはNECのサポートサイトから入手可能。

各OS用ドライバ検索ページ
で、PC-MY28VRZEFを選択

平成16年10月発表 Mate インストール可能OS用ドライバ(Windows(R) XP Professional用)と銘打たれた0410mxp1.exeをダウンロード、展開して、以下の各ドライバをセットアップする。

  • プラグアンドプレイの設定 D:\DRV\CHIPSET1
  • ディスプレイ対応ドライバ スリムタワー型(バリュータイプ) D:\DRV\I845GGRP
  • サウンド対応ドライバ スリムタワー型(バリュータイプ) D:\DRV\ADCH45
  • 内蔵LANボード対応ドライバ スリムタワー型(バリュータイプ) D:\DRV\REALTEK
  • 3モード対応フロッピーディスクドライバ(*3) | D:\DRV\WINXP\3FDI
    これは、readmeの手順どおりに行うとインストールできないので、直接INFファイルを実行する。

「モニタドライバ」は不要。

また、付属してきた、TVチューナのセットアップはとりあえず保留する。
Tun800_Driver.exe

SP2なので、DirectX9のインストールは不要。

XPのアプリケーション

あくまでもテスト環境がメインなので、XPも可能な限り軽い環境で使用したい。
そのため、使用するソフトウェアは限定する。
特に、現状、大きな負荷になるウィルス対策ソフトは導入しない方針で、Webブラウジングは極力避け、安全と判断できるサイトしか閲覧しないようにする。

DVD-RAMのドライバとDVDライティングソフト
これらは、付属CDよりインストールして、アップデートを行う。

次に、アプリケーションとして

  • 秀丸
  • Firefox
  • Thunderbird
  • GOM PLAYER GOMPLAYER_JPSETUP.EXE
  • iTunes iTunesSetup.exe
  • Firefox 3.6.3 Firefox Setup 3.6.3.exe
  • Thunderbird Thunderbird Setup 3.0.4.exe

Vistaのインストール

Vistaからはブートの仕組みが代わっているので、手間を省きたければ、XPをインストールした後にVistaをインストールする。

使用目的は単にテスト環境なので、必要最小限のソフトウェアしか入れない。

通常はXPを使う。ただ、デフォルトでは自動起動されるまでの時間が長すぎる。
そこで、コマンドプロンプトを管理者権限で開きbcdeditコマンドで設定を変更する。

C:\>bcdedit /default {ntldr}
C:\>bcdedit /timeout 5

Spec: loplass

PC-98NX 98MATE
MY28V/R-F(PC-MY28VRZEF)
スリムタワー型(バリュータイプ)

CPU: Pentium 4 2.80G
Chipset: 845GV
Memory: 500MB
VGA: 845GV on board
Sound: ADI AD1981B
Network: Realtek RTL8139/810x Family Fast Ethernet NIC on board
IDE HDD: SAMSUNG SP0802N 80G
DVD-Multi: Panasonic LF-D521JD
FDD: 3Mode
IEEE-1394: 製品名不明(VIA)
TVCapture: 製品名不明(Philipsチューナー)(TUN800)

Mate

購入: 98Mate MY28V/R-F

あまり調子がよくないloplassのリプレース用にYahooオークションで購入。
CPUは残念ながら1CoreのHT無しPentium4だが、それゆえ最低動作保証つきで6000円と業者にしては安かった。

正式型番は「PC-MY28VRZEF」。

写真ではDVDドライブが付いていたが、実機にはCD-ROMドライブ...
説明には「写真が優先する」みたいなお決まりの文句が書いてあったんで、クレームメールは入れたが、返事はなしのつぶて...

電話をしても「写真はサンプルです」みたいな言い訳をされるだろうし、都合がいいほうの記載を盾にされても不快なだけなので、手持ちのDVD-Multiドライブを入れることにする。
手持ちのDVDドライブは増やしておきたかったが、どちらにしろloplassから入れ替えることになるのだろうから...

まず最初に、ハードウェアの組み替え。
最初からついてきていた、ハードディスクSAMSUNG SP0802N 80Gをはずし、130GBのHITACHI IC35L120AVV207-1を取り付ける。
また、CD-ROMドライブもはずし、DVD-Multi Panasonic LF-D521JDを取り付ける。

予想外にIEEE-1394ボードと、TV Captureボードがついてきたので、これらはそのままつけておく。

とりあえずは、開発中のプログラムのVista対応を進めるために、Vistaをインストールしなくてはならない。

が、VistaはXPをインストールした後のほうが、デュアルブート環境を作りやすいので、先にXPをインストールする。

Windows 7機も欲しいのだが、それはおそらく近日購入予定のノートPCになるだろう。

Mate

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6