2010年11月アーカイブ

SAA7133-STVPCIのテスト

98Mateについてきたキャプチャカード。
メーカーは不明だが、チップはSAA7133を使っているらしい。

DScalerでVender ID(1131)、DeviceID(7133)を調べGoogleで検索してみると、どうやら玄人志向のSAA7133-STVPCIらしい。

そこでせっかくなので、なんとか使ってみるべくいろいろテストしてみることにした。まあ、退役マシンにつけたままのBCTV4があるので、素直にそれを使った方が良いのかもしれないけれど。

そもそも、アナログ放送も来年7月で終了するので、さくっとテレビを見ることができればそれでよい。

ドライバは、玄人指向のホームページからダウンロード。

http://www.kuroutoshikou.com/products/tvcuner/Tun800_Driver.zip

PowerVCR TV Edition

まずは、以前買ったPowerVCR TV Editionをインストールしてみる。

映像を見ることはできるが、音声が出ない。
キャプチャカードのLINE OUTをサウンドカードのLINE INに接続して、音声も出るようになる。
このSAA7133は、本体自体ががサウンドデバイスになると言うことで、PCIからサウンドを出力することができ、バイパスコネクタはいらないはずなのだが...

さらに、通常の状態では音声もモノラルにしかならない。

ふぬああ

つぎにふぬああを試すことにする。

ふぬああ

hunuaaCap2563.lzh (Ver.2.5.6.3)

しかし、設定しようとすると、動作が停止してしまう。

ドライバがいけないのか?

まあ、すでにS.M.A.R.T.のエラーが数回発生しているので、HDDというかWindows自体が危ないのかもしれないが...

そして、玄人志向のBBSではDirectX 9.0bでは、チャンネルのオートスキャンなどができなくなる問題が報告されているが、そもそも入っているのはDirectX 9.0c。
それでも一抹の希望を託し、9.0b用のパッチプログラムをダウンロードしてみる。

NTSC-J, PAL, and SECAM TV Tuner Hotfix for DirectX 9.0b

しかし、やはりこのパッチは起動してもエラーになりあてることはできず...

設定ができないため、チャンネル変更さえ行うことができず、さらにいろいろ試してみたところ、起動して即終了さえできないことが発覚した。

強制終了時のメッセージにより、録画とMCIデバイスの設定でエラーが発生している線が濃厚...

DScaler

以前お世話になった、高画質視聴用ソフトDScaler。

DScaler - Home

まず、Stableの4.1.15を試す。

DScaler4115.exe

が、うまくCardが設定できないので、Experimentalの4.1.19も試してみたが、やはりだめ。

DScaler4119.exe

チューナーが違うのだろうか。

Virtual VCR

もう、録画はあきらめたので、視聴のみを可能な限りシンプルに行えるソフトを探すが、見つかったのは、結局Directshowを利用したキャプチャソフトVirtual VCR。

DigTv : The home of Virtual VCR

最新版のVersion: 2.6.9も日本語化が行われているので、そちらを使ってみることにする。

Virtual VCR解説

http://prdownloads.sourceforge.net/virtualvcr/VirtualVCR-v2.6.9.exe?download

VirtualVCR-v2.6.9.exe

最新版とは言っても、2003年くらいのものでかなり古い。まあ、デジタル化の波が押し寄せているので当然だろう。

シンプルな画面構成なので、視聴だけにも良いかと思ったのだが、残念ながら画面サイズが変更できない。

いまさらながら、BCTV4に付属のTVステーションが使いやすかったと思う。

これ以上、SAA7133に関する情報を仕入れても徒労に終わりそうなので、とりあえずはPowerPCRを使うことにした。

最後の希望 別ドライバ

YUAN製のドライバFunTV_Setup.exeを以下よりダウンロードしてインストールしてみた。

YUAN TUN800 TUN900 DRIVER V2.6.1.8 WINDOWS 9X ME NT4 2000 XP - Download Drivers Free

Release Date: July 14, 2004
OS: Windows 9x/ME/NT4/2000/XP
Version: V2.6.1.8

どうやら、V2.6.1.9までは出ているようなのだが、ほぼ最終と言ってもいいだろう。

が、これをインストールしても、アプリケーション、ドライバ共になにか変わったところは見られない。ファイルの中を見てもDLLとタイプライブラリが含まれているだけだ。

そして、状況も改善されない。

Windows XPを再インストールした後に、試してみるしかないのだろう。

そのときにうまく動作したときのために、SAA7133のノウハウを記載したページをメモしておく。

http://www.pat.hi-ho.ne.jp/tatsumi-da/saa7133.html

http://www.intsurf.ne.jp/~tomokun/hunuaa.html

Microsoft Office 2007フォーマット(Open XML)の書類をOffice2003で読み込むためにインストール。

Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック

FileFormatConverters.exe

タブブラウザでは、ブックマークは新しいタブで開いて欲しい。
Firefoxではなぜ、その設定がないのだろう。
ずっと疑問に思っていた。

が、なんとなくアドオンのページを見ていたら見つけたのが、Firefox アドオン - ブックマークを新しいタブで開く | Mozilla Japan

待望のアドオンである。
もちろん即インストール。

Contacts Sidebar pre-release 0.8pre2

Thunderbirdが3.1になってしばらくContacts Sidebarが使えなくなっていたが、新しいバージョンが見つかった。

Contacts Sidebar - Thunderbird extension

contactssidebar-0.8pre2.xpi

さらに、3.1に対応した日本語化されたものも見つかったのだが、

Contacts Sidebar Japanese Translations

contactssidebar-0.8pre+_ja_20100601.xpi

インストールしてみたが、アドレス帳から「別のメールアドレスを使う」機能が使えなくなっていた。

この機能が使えないと、あまりこの拡張を使う意味がない。
しばらくは様子見で使ってみて、復活しないようなら使用をやめよう。

エクスプローラバーは、デフォルトでは、タスクパネルになっている。
しかし、正直一番使いたいのはフォルダービュー。

このデフォルトをフォルダービューに変えるには、

「ツール」-「フォルダオプション」の「ファイルの種類」のリストにある「フォルダ」を選択。そのまま、右下の「詳細設定」をクリック。「ファイルの種類の編集」で、アクション欄の「explore」を選んで「既定に設定」ボタンを押す

3分LifeHacking:エクスプローラバーでフォルダのツリー表示をいつも利用する方法 - ITmedia Biz.ID

購入 A4TECH XL-740K-J1

レーザーマウス。

以前使っていたマウスが故障したと言うわけではないが、このマウスの特殊な機能を使いたくて購入。

その機能は、プログラムしたマウス、キーボードの信号を送ることができるというもの。
UWSCでも同様なことは可能なのだが、このマウスはハードウェア内部のメモリに蓄積されたマクロを実行するため、PC自体のCPU負荷に依存しないので、動作の正確さを期待できる。

反面、画面依存したりの複雑なの条件分岐などは当然できない。

国内代理店はユーレックスだが、置かれているのは日本語簡易マニュアルのみで、ドライバ、ユーティリティさえもない。

A4TECHの製品なのだが、そのなかでもゲーミングマウスという特殊な分野の製品だけはhttp://www.x7.cn/においてサポートがされている。

とりあえず、loplassの後継機につないで使用。

A-PRICEの通販にて、3,660円也。

購入:三菱 RDT232WLM(BK)

ついに、ディスプレイの新調を決めた。

今まで1280x1024のディスプレイを使っていたのだが、狭さに耐えられなくなったのと、なによりビデオカードを購入したので、HDMI接続をできるようになったというのが理由だ。

そして、1280x1024のディスプレイをサブマシンに下ろして、サブマシンを1024x768から格上げできるという理由もかなり大きい。

ディスプレイについては、僕は三菱信者で、タイアモンドトロンのころからずっと三菱を愛用している。
まあ、前回は価格差に負けてI・O DATA製のLCD-AD173CWを買ってしまったのだが、今回はやっぱり三菱を買うことに。
サイズは21inchか23inchあたりなのだが、17inchスクエアの1280x1024と同等の表示を求めて、23inchに。

問題は「同じサイズでもラインナップは多いのでどれを選ぶか」だったのだが、応答速度や発色を追求する必要も現状あまりないので、一番安いモデルを買うことに。
僕にとって一番大事なのは、画面の(論理的な)広さです。

ということで、RDT232WLMを選ぶ。

三菱電機 三菱ディスプレイ:液晶ディスプレイ RDT232WLM RDT232WLM(BK)

基本的にスクエアの方が好きで1600x1200が欲しかったのだが、使ってみると悪くはない。

1600x1200では、常に横2縦2で4つのWindowsエクスプローラを開いていたのだが、1920x1080では、横3縦2で6つのWindowsエクスプローラを開いておくことができる。
そして、エディタを開きながら、別のウィンドウを開く余地が十分にあるというのは、ありがたい。

Amazonにて購入、
送料無料で、\20,987円也。

Amazon.co.jp: 三菱電機(ディスプレイ) 23型ワイド液晶ディスプレイ(ノングレア) フルHD対応/ブラック RDT232WLM(BK): パソコン・周辺機器

アップデート: JaneStyle Ver.3.51

3.50へのアップデートにより、広告のURLをブラウザに渡してしまうようなバグが発生したので、3.51にアップデート。

jane351.zip

2ちゃんねる専用ブラウザ 「Jane Style」

JaneStyle Ver.3.50 2010/10/26

データが更新されないなどのトラブルが出たので、試しにアップデート。

バグが修正されたと言うよりも、データの不整合がアップデートによって解消しただけだとは思うが、問題解決。

jane350.zip

2ちゃんねる専用ブラウザ 「Jane Style」

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6