2003年12月アーカイブ

インストール: JFTP

待望のGUI FTPクライアント
http://www.geocities.co.jp/Playtown/5712/tool/jftp.html
java-JFtp_0.11_arm.ipk
SDにインストール可能
が、C700のJavaでは対応していないということで、アンインストール。

Alt keyの設定

JFTPのWebページから有用な情報を発掘。

・ザウルスに特殊キーを割り当てる
   /home/zaurus/Settings/qpe.confファイルを編集することで、ザウ
  ルスでは物理的にないコントロールキーやアルトキーを使用できます。
  (KeyHelperの設定でも可能なのでしょうが、設定が難しい......)

  ・デフォルト設定
   [AppsKey]
    CenterTop= Home [Home]
    CreateBy = SL-C760
    Left2nd = Applications/addressbook [Address]
    LeftEnd = Applications/datebook [Calendar]
    Right2nd = Menu [Menu]
    RightEnd = Applications/qtmail [Mail]
    Special = Applications/netfront3

  ・キーコード
    Ctrl:@1021
    Alt :@1023

  ・設定例(私の環境)
   [AppsKey]
    CenterTop= Home [Home]
    CreateBy = SL-C760
    Left2nd = @1021 [Address]
    LeftEnd = Applications/netfront3 [Calendar]
    Right2nd = Menu [Menu]
    RightEnd = @1023 [Mail]
    Special = Applications/netfront3

    上記の設定例の環境では、下記の通りに動作します。
     [Address]キー = [Ctrl]キー
     [Mail]キー = [Alt]キー

以上の記述に基づき
RightEnd = @1023
にした。

しかし、なぜか[Mail]キーを長押ししないと、Altが認識されない。
とりあえず、保留する。

インストール: hnf-mode

hnf-mode.el
(defconst hnf-mode-version "2.5") (020716)
を導入。
が、(require poe)
と言われて使えない。
APELが無いということだ。

ftp://ftp.m17n.org/pub/mule/apel/
apel-10.6.tar.gz

$ sudo make install PREFIX=/opt/QtPalmtop

hnf-modeのREADMEを読み、より使いやすそうなセッティングをすることにしよう。

eshell-mode

SL-C700のlsがなぜかGNU lsではなく--color=noneオプションが使えない。
そのため、emacsのshell-modeがエスケープシーケンスばかりになってしまう。
そこで、eshell-modeを使うことにした。
これはelispで実現されたshell-modeらしい。

wwwoffleを使うべきか

どうも、NetFrontはネットワークデバイスが存在しない場合、たとえProxyがあっても、動作しないようだ。
結局、

# rm /etc/rc.d/rc5.d/S20wwwoffle

して、必要な時に立ち上げることにした。

w3mはシェルスクリプトで対応できる。
w3mにwrapperをかませて、立ち上げる前と後で、wwwoffleの立ち上げと終了そして環境変数をいじれば良い。
とりあえず、w3mcというスクリプトをでっちあげたが、動作確認はしていない。

問題はnetFrontだ。
どこからwwwoffleが動作していても、ネットワークインターフェイスが存在しないと、エラーになる。これでは、Proxyの意味が無い。
偽造ネットワークインターフェイスを作成して、wwwoffleにつなげるという手段もあるが。
w3mによるニュース取得が可能になった今、wwwoffleは通常は起動する意味が無いのではないか。
通常時はメモリやCPUパワーはほとんど消費していないようだが、ブラウジング時に遅くなっている可能性は十分ある。

WLI-CF-S11G

自宅に無線LANを導入した。
最初、うまく動作しなくて、うわさのはずれのロットかとびびったが、再起動したら問題なし。

# sudo vi /usr/lib/samba/smb.conf

    interfaces = usbd0 218.44.182.218/255.255.255.248

ただし、guest OKで接続しているのでsmbpasswdを入手して、アクセス制限するのが吉

インストール: Ncftp

ncftp_3.1.5-1.arm.ipk

インストール: wwwoffle

最初式神用のバイナリパッケージをインストールしようとしたが失敗...
http://members.surfbest.net/hrabbey@surfbest.net/Projects/Deb2Ipks/
wwwoffle_2.5c-10.zip

Zipを展開して、ipkをインストール。
しようとしたが、required packageが多すぎる。
そこで、ipkファイルをgzにリネームして展開。
さらにdata.tar.gzを展開。
という、強引な手段をとった。

wwwoffleは -kill オプションで終了する。

ROM Ver.1.50 アップデート

このアーカイブについて

このページには、2003年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年8月です。

次のアーカイブは2004年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6