2006年7月アーカイブ

購入 ELECOM TK-U12FYALG

壊れたワイヤレスキーボードの代りに購入したのが、ELECOMのTK-U12FYALG、フルキーボード。
ちょうど映画を観に行ったついでによったLAOXで売っていた。お値段は940円。
まぁ、秋葉原などに買いにいっても、安くて数百円。電車賃を考えればかえって高く付く。
メカニカルキーではないのだが、展示品の中では比較的キータッチは硬い方。まあ、文字入力の多くは、LinuxマシンのHappy Hacking Keyboard Liteで行うので、こちらのキーボードにはそこまでこだわらない。

06080904.jpg

長年連れ添ったキーボードのいくつかのキーが反応しなくなってしまった。
LogitechのワイヤレスキーボードCK-55。
2000年ころに、記事の執筆に使用し、そのままいただいたものだ(もちろん、無断ではなくくださるということでもらった)。
マウスと違いキーボードは、無線であっても反応は悪くなく、そのサイズが若干大きいこと以外は気に入っていたんだが、乾電池を入れ換えてもダメ。
いまどきキーボードの価格などはたかが知れている。キートップも汚れているし、修理する程のものではないので廃棄決定。


Anthyの英数字入力

Zaurus上のIMEをAnthy+Anthy.elからAnthy+egg+Tamagoにしようと思った。
理由は、1byte英数字の入力のたびに"l"キーを押し、また"Ctrl+j"を押すのが面倒だったからだ。
また、入力後、ひらがな、かたかなへのダイレクトな変換キーバインドがないのも、ちょっと不満だった。
が、Anthy+egg+Tamagoに関する情報を検索中に、1byte英数字入力には、"/"を押せばよいことがわかった。
ドキュメントに書いてあるのを見のがしたのだろうか。
まあ、とりあえず、最大の不満は解消されそうなので、もうしばらくAnthy.elでいくことにする。

スキャナを久々に使いたくなって、Canonのドライバとアプリケーションをインストールした。

キャノンのWebページからダウンロード

sgcs561b.exe Canon FB1210U driver ScanGear CS Ver5.6.1b
sgtb223.exe ユーティリティ・ソフトウエア(Toolbox/ScanGear Toolbox) Ver2.2.3

このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6