2007年10月アーカイブ

  1. Vid-DLで動画ファイルのURIを調査。ダウンロード。
  2. HugFlashでFLVファイルを、ビデオとサウンドに分解。
  3. サウンドがmp3であれば、scmpxでwavに変換。 TMPGEncでMPEGに変換するのであれば、サウンドがmp3だと再生できないファイルになることが多い。 Windowsムービーメーカーでwmvに変換するのであれば、mp3だと再生時間が狂ってしまうことが多い。
  4. エンコードする
  5. wmv
    Windowsムービーメーカーでwmv形式に変換。 汎用性を考えればMPEGだが、Windows環境でのみ見るものと割り切れば、低ビットレートの動画に関しては、サイズが同じでであればwmv形式の方が高い画質を維持できる。 とりあえず、「YouTube」というテンプレート名で保存した。
    MPEG2(AC3)
    • 使用アプリ: Ulead DVD MovieWriter
    • フレームサイズ: 352 x 480
    • 品質: 50
    • 2-Passエンコード
    • ビデオデータレート: 可変 2000
    • オーディオ形式: ドルビーデジタル
    • オーディオビットレート: 128
    FLVデータの6倍程度のサイズになる。
    MPEG1
    • 使用アプリ: TMPGEnc
    • 使用プロファイル: (デフォルトの)VideoCD (NTSC).mcf
    FLVデータの4倍程度のサイズになる。
    1. YouTubeデータをMPEG化して保存するときのパラメータを、うちのクラブの全日本ダートトライアラーの映像を元に検討したのが上記だが、さらに減らしても、画質が落ちないかは要実験。

インストール: scmpx 1.51

mp3 to wavデコーダとしての使用を主目的として、scmpxをインストール。

SCMPX

以前のものをコピーするのみで動作。

SendToフォルダに「mp3 to wav」という名で、scmpxへのショートカットを以下の内容で作成して、エクスプローラから直接デコードできるようにした。

"C:\Program Files\smxwin\SCMPX.EXE" -d

インストール: HugFlash Ver.2.3.3

Flashファイル内部の画像、サウンド、ビデオを抽出するソフトウェア。
抽出と同時に、ビデオと音声を結合することもできる。

なお、YouTubeのようにcomファイル化されているデータも抽出可能。

Club Mil Besos

hugflash2_3_3.lzh

YouTubeなどのFlash Videoをいじるようになったので、On2 VP6コーデックをインストールした。

ただし、On2の公式サイトにはコーデックが見つからなかったので、別のコーデックサイトからダウンロード。

vp6_decoder.exe

Free-Codecs.com : Download VP6 6.4.2.0

Vid-DL

最近は、動画ファイルをFLV(Flash)形式で掲載しているサイトが多いが、それをダウンロードして保存したい場合がある。

GetAFStreamを使えばURLを調べることもできるが、そのためだけにいちいち立ち上げるのも面倒。

そこで使えるサイトが、Vid-DL - 動画ダウンロード保存支援ツール

ここで、動画のおいてあるページのURLを指定すると、ページを調べてファイルそのものをダウンロードできる。

インストール: wbpf 2.90J

ポップアップメールチェッカーwpbfを再度導入した。
以前愛用していたwpbf。pop3にしか対応していないが、シンプルで使い勝手の良いソフトだ。
難を言えば、非表示設定がFrom、To、Subjectでのみしかできないこと。
が、代わりになるソフトウェアも見つからないので、導入。

以前のものをコピーするのみで動作。

QT写ビーム Ver1.0.2

携帯から赤外線経由でZaurusに写真を転送することができるソフト。

shabeamq_1.0.2_arm.ipk

インストールは普通のipkファイルと同じ。

赤外線ではそこそこ時間がかかったが、SO902iWP+では外部記憶装置がメモリースティックDuoなので、メモリースティックがないのであればこれが唯一の方法になる。

今回WRCに行くのに、SL-C3100を持っていけばHDDという巨大なストレージを利用できる。
HADECO R&D

ファイルのアップロード先の初期設定が気に入らない。
さすがに、サイトパスの直下にファイルがあふれるのは好ましくないので、サイトパスの下にfilesというディレクトリを作って、そこにアップロードしている。
ところが、毎回その「files」を指定しなくてはならないのが非常に面倒だ。

そこで本体にパッチを当てて、常に「files」をextra pathに指定することにした。

MovableType 4.01 mt/tmpl/cms/dialog/asset_upload.tmpl 88行目


        / <:input name="extra_path" id="extra_path" value="<:mt:var name="extra_path" escape="html">" />

        / <:input name="extra_path" id="extra_path" value="files" />

に変更した。

MTmail

携帯から写真入りでblogを更新できるように、MTmailを試してみることにした。

MTmail

moblog.uva.ne.jp - moblog mail gateway

「画像の表示方法」の設定のみ、「独自HTML」に設定し、以下のようにMovableTypeのデフォルト状態と同様になるようにした。

インストール: MT4i 3.0β

携帯電話用のページも用意したいのでMT4iを導入した。まだ、β版だが3.0系を選択。
mt4i30b3.zip

MT4i/ベータ公開/3.0β - t2o2-Wiki

インストール自体は、Wikiのドキュメントを読めば何の問題もない。

とりあえず、管理者モードも使えるように設定したが、写真をアップロードできないので、MTmailによるメールでの更新も考える

最初、ブログIDを指定せずに動かしたら複数のblogを見ることができたが、その場合自分用のメモとして書いている他人に見せたくないblogも隠せない。

結論としては、複数のblogでMT4iを使用するときは、複数のMT4iを設定するのが一番と言うことになった。

カテゴリ別アーカイブの作成

「Private」ブログでカテゴリアーカイブへのリンクがうまく作成されない。
というか、MTCategoryArchiveLinkやMTEntryPermalinkが適切な値に変換されない。

が、原因はカテゴリアーカイブを作成していなかったことにあった。

まず、3.2からインポートした「カテゴリ・アーカイブ」テンプレートを削除。
そして「ブログ記事のリスト」編集で、カテゴリに対するアーカイブマッピングを一旦削除、そして再度マッピングする。

そして、「Computer」ブログを参考に作業していたところ、アーカイブがphpではなくhtmlになっているというミスまで見つかった。

もう一度、全体を見直したほうがいいかもしれない。

カテゴリの変更でエラー

カテゴリを移動しようとすると、IE6だとJavaScriptのエラーが発生。
VineLinux4上の、Firefox1.5だとうまく動作する。

インストール: GExplorer 2.1.1.13

データの取得があまりうまくいかないと思っていたら、いつの間にか、2.1.1.13がリリースされていた。
上書きコピーでインストール。

be_1006.zip

N-M58TGS

単3、単4兼用の急速充電器。
急速でない、1000円弱安い充電器もあったが、利便性を考え急速タイプにした。

07101005.jpg

単3(HR-3UTG) 4本が付属。こいつは、とりあえずは今使っているデジカメに使用することになるが、新しいデジカメを買ったら次はなにに使うんだろう。
最近のデジカメは、もう専用電池だし。

Typ.2000mAh(Min.1900mAh)

3980円。

AVOX WM3-100Bのフォーマット

Windows Media Playerからの転送を失敗したせいだろうか、いつのまにかおかしなファイルがたくさんできていた。どちらが卵で、どちらが鶏か真実はわからないが。

ふつうに削除することもできないので、一気にフォーマットすることにした。
が、Windowsからだとフォーマットさえもうまくいかない。
そこで、プレイヤ-内蔵のフォーマットで無事フォーマット完了。

廃棄: IXY 300

2001年に買ったIXY 300がついに壊れた。
かみさんに使わせている間に、ねじがぼろぼろに抜けて時間の問題だと思ってはいたが、ついに、まともに起動しなくなってしまった。
電源を入れても、レンズがきちんと出ず、さらに、切ってもしまわれない…

07100902.jpg

まあ、6年使えば十分だろう。
最近はデジカメも、それほど使わないので、携帯のカメラと、中古で買ったCLIP-ITでしばらくお茶を濁そう。

廃棄: RIO RMP300

これを買ったのは、まだ携帯のMP3プレイヤーなんて、ぜんぜん普及していない頃。
なんといっても、今は亡きDiamond Multimediaの製品だ。

MPMANという韓国製のプレイヤーが発売され一部の好き者たちが買い、その後かなりたってから発売された。

容量は内蔵メモリが32M、それにSmartMediaを挿入して計64M。僕は手持ちのMP3を64bpsにエンコードしなおして入れていた。

07100901.jpg

DIGAで録画したDVD-VRフォーマットのDVD-RAMからMPEGファイルを抜き出したい。

通常DVD-VRフォーマットされたディスクは、Windowsでは認識できないようだが、Panasonicの純正ドライブを使っているので、そのドライバはDVD-VRフォーマットに対応していたようだ。

さらにUlead DVD MovieWriterを購入していたのが幸いした。
DVD-VRフォーマットを認識することさえできれば、VROファイルからVOBファイルを抜き出し、さらにMPEGファイルを抜き出すこともすべてフリーウェアでできるようだが、DVD MovieWriterを使えば、範囲指定も含め簡単にMPEGファイルを抜き出すことができた。

  1. 起動画面で[ビデオDVDの作成]-[DVD-Video DVD+VRの新規作成]を選ぶ。
  2. 07100818.png

  3. ディスクからDVD-VRをインポートする。

  4. 07100819.png

  5. エクスポートする範囲を指定する。

  6. 画面の左下のメニューのボタン[選択したクリップをエクスポート]をクリックする。

  7. 07100809.png

  8. どのようなMPEGフォーマットに保存するかの選択メニューが現れる。

  9. 07100812.png

  10. フォーマットを指定する以外にも、[DVD準拠ビデオの高速エクスポート]、[ビデオの高速エクスポート]の2つの項目がある。
    DVDに焼くつもりなら[DVD準拠ビデオの高速エクスポート]でエクスポートするべきだろうが、mpegファイルをそのまま取り出すのであれば、[ビデオの高速エクスポート]を使う。
    これで、指定した範囲を直接必要最小限の再エンコードで抜き出すことができる。
    ただし、mp2の音声を取得したいのであれば、ここで音声フォーマットをmp2にしてしまった方が、手間がかからないだろう。


購入: eneloop 単4(HR-4UTG) 2本

ニッケル水素電池。
デジタルオーディオプレイヤーWM3-100で使うために購入した。

07101003.jpg

Typ.800mAh(Min.750mAh)

以前のニッカドであれば、単3の容量だ。

そして充電後、2年間程度は放電に耐え使用できるという。
そのため説明書を見ると、リモコンや時計でさえ推奨機器になっている。

もはや性能的にはアルカリ電池を凌駕したと言ってもよいかもしれない。

充電電池においては以前から三洋信者だったが、これからもしばらくは信者であり続けそうだ。

680円。

導入: AVOX WM3-100B

MP3、ADPCM、WMAに対応したプレイヤー、容量は128MB。
今年の初めの千葉県シリーズ表彰式でのビンゴでの景品。
ずいぶん放置していたが、英語番組を通勤途中に聴くために使うことにした。

すでに512MBのiriver T20があるが、音楽との切り分けをしたい、そして内蔵電池の消耗を避けたいというセコイ理由で、導入決定。

128MBあれば、64kbpsであれば4時間以上、すなわち8日分の番組を入れておくことができる。
まあ、十分な容量だろう。

07101002.jpg

07101001.jpg

C-MEX(セントレードM.E.株式会社)

Windows XPでの自動ログオン

自宅のマシンなのに、起動するたびにパスワードを打ってWindowsにログオンするのがいい加減面倒くさくなった。
以前は確か、自動ログオンの設定はPowerToysでやったような気がする。
が、今回は昔懐かしい、「ユーザー アカウント」ダイアログボックスを開いてやることにした。


> control userpasswords2

07100501.png
これで、該当ユーザーを選んで、「ユーザーがこのコンピュータを…」のチェックを外して、パスワードを入力すればOK。

mp3(実際にはmp2の方が多くなると思うが)のカット編集用のソフトとして、mp3DirectCutを導入した。
ただし、mp2ファイルを読み込むには、同じサイトで配布されているmpglib.dllをmp3DirectCutと同じディレクトリに入れておく必要がある。

mp3DC206.exe
mpglibdll092.zip

他にも、候補に挙がったソフトはいくつかあったが、それぞれ若干の問題があり、mp3DirectCutにした。

SoundEngine Free 3.03

SoundEngineはVBMP3とgogo.dllを使うことによりmp3を扱うことができるようになるようだが、mp2を扱うことはできなかった。また、VBMP3の一時配布サイトが配布を停止しているようだったのも、残念。

Cycle of 5th/ Cycle of 5th
SoundEngineでMP3

AudioEditor 4.2.1

mp2も扱うことはできたが、切り取った前後にノイズがのるのが今ひとつだった。これは、再エンコードをしないという方針に起因するのだろう。複数領域を一気に切り出すことができるのは気に入ったのだが、残念だ。

AudioEditor

しかし、メインの目的である英語番組の音声抜き出しには、DVD MovieWriterを使うことになったので、結局mp3DirectCutはほぼ使うことがなくなってしまった。

PowerVCR TV Editionの問題

PowerVCRで問題発覚。
日付をまたいだ予約ができないことがわかった。
インタフェースを見れば一目瞭然なのだが。
また、日付をまたがないギリギリの24:00までの番組ができるかがちょっと不安だ。
予約のみであれば、手動での時間指定ではできないが、iEPGを使うと、24時までの予約ができることは確認。ただし実際の動作はどうなるかは未検証。

なおこれについてWebで調べていると、別件だが設定ファイルをいじると録音ボリュームの調整や、そのほかのきめ細かい調整が可能になることがわかった。

インストール: Winamp 5.35

ポッドキャストを試し始めたわけだが、再生のために馬鹿でかい画面のWindows Mediaplayerが立ち上がるのが鬱陶しい。

そこでJuiceが対応している、懐かしいWinampと日本語化をインストールことにした。
いろいろスキンを作って遊んでいたのは、もう10年近く前のことになるのか。

Winamp Media Player
winamp535_full_emusic-7plus.exe Winamp 5.35

外観はWinamp2のころからと同じ、OldType。
おそらく、単なるmp3プレイヤーとしてしか使わないだろう。

当然日本語化キットもインストール。
いい加減日本語に対応しているかと思ったが、いまだ英語版だけらしい。

Win32工作小屋 - Winamp日本語化キット
wp5350jkit_r3.exe

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6